探してみる

レンガ造りの家

練馬区は都内でも有数の住宅地を抱えているという特徴があります。池袋をターミナル駅として、そこから延びる私鉄沿線沿いに膨大な住宅エリアを包含しています。それぞれに駅周辺は古くから商業圏として発展し、その背後には広大な住宅エリアが拡がっています。 また、独身世帯向けのアパートやマンションも多く、学生や一人暮らし世帯のための不動産物件が集中していることも特徴として挙げられます。 もともとは、東京都内でも有数の農業エリアだった豊島区は、現在は多くの農地や公園などの緑豊かなエリアとして優れた環境を誇っています。練馬大根に代表される露地物の野菜などの供給源として貴重な存在でもあります。 不動産市場としては、都内有数の住宅エリアであることから、根強い人気があります。ターミナル駅の池袋から近い地域の地価は高いレベルで推移しています。

しかし、池袋から少し離れた各駅停車のみが止まる駅周辺の地価は、交通の便の良さに比較して、かなり手ごろな価格帯での物件が見られます。このあたりには、古くからの住居が多く、高齢者層の世代交代に伴い、今後売り物件が増加していくことが予想されます。 特に、駅から少し離れた立地条件になると、同じ練馬区内でもお買い得な不動産物件が出てくる可能性があります。 練馬区に限らず、昔からの住宅街の場合、今後売りに出される物件が増え、需要と供給の関係により不動産の売却価格が買い手市場になることが考えられます。 多少、交通の便が悪くても、練馬区という都内でも有数の緑地を有し、武蔵野の面影を残す環境のいい地区に不動産を購入するのもいい判断だといえます。