事業の幅を広げる

握手するスーツの手

練馬区の人口は東京都内では世田谷区に次いで二番目である。現在も人口は増加している。不動産ビジネスは人口との相関性が大きいので、練馬区の不動産ビジネスは有力である。交通の便も急速に良くなっており、横浜との連絡も便利になっている。練馬区内には農地も残っているので今後の開発余地が十分にある。農地転用については厳しい制限があるので都市化に向けてのシナリオ作りが重要となる。今年からの相続税の増税は不動産の所有者にとっては影響が大きいので事業化への取り組みが加速されることが予想される。練馬区が交通の便が良くなったことの優位性を生かせば当面は賃貸物件の建設の増加が見込まれる。不動産取引の活性化は地域経済に貢献する。

練馬区の人口の増加は最近になって加速している。交通の便の改善が大きいうえに未開発の土地が多く残っていたことも大きな要因である。新しく練馬区の住民になった人たちの多くは地方出身者と考えられるので今後も区内での移動が想定される。地方からの出身者は一回住むと引き続き同じ地区に住むことが多いという習性がある。練馬区の不動産業者はこうした顧客の特性を理解すればリピーターの確保ということが重要になってくる。事業としても賃貸物件の仲介から新築物件の紹介等へと事業の幅を拡大することも可能となる。練馬区内の不動産業者は地域密着で営業していても充分に商売になるだけのパイを持っているのでどのような顧客管理をしていくかが勝負を分けることになる。